業者選びに役に立つ葬儀社に関連した業者をご紹介します。

葬儀社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年03月18日 [FAQ]

火葬式だけを葬儀社に頼めるの?

インターネットを利用していろいろな葬儀社の情報を集めていると、火葬式が10万円代でできるようなことが目に入ったのですが、そもそも告別式なしで葬儀をしてもバチは当たらないのでしょう?
そもそもそのようなことは可能なのでしょうか?
結局安い値段でお客さんを獲得して、後から高い請求書を出されることになるのではないでしょうか?
本当に火葬式だけを葬儀社に依頼できるのでしょうか?
本当だとすれば、火葬式だけを行うメリットや、デメリットについても教えてください。


回答

火葬式を選択する人は年々多くなっています。


最近では、火葬式だけで告別式を行わない方が増えていて、安く火葬式を請け負う葬儀社も多く見られるようになりました。
ただし、ご指摘のように安い価格でお客さんを獲得して、後から追加料金を請求するような葬儀社も少なくありませんので、事前に追加料金の出ない正確な見積書を提出してもらうことを必ず実行してください。
一般的には、通夜、告別式、火葬という流れで葬儀は行われますが、少子高齢化も影響して、火葬のみを行う方たちは年々増えているのが現実です。
火葬式の最大の利点は、葬儀費用を抑えられることで、気になる費用も20万円前後というのが相場になっていて、多くの葬儀社が火葬式プランを設けて、各社のホームページなどで大々的に宣伝しています。
プランの中には、遺体の搬送、枕飾り、ドライアイス、お棺、人件費、死亡届の手続き代行費用なども含まれています。
ただし、安置場所や火葬までの日数によっては、追加料金が発生することもあります。
火葬式を行うメリットは、費用を抑えられる他にも、葬儀にかける時間や手間を最小限に抑えられる点や、親近者のみで葬儀ができることから、ゆっくり家族とお別れができることです。
参列者に気遣いする必要もないため、精神的な負担も軽減できます。
火葬式のデメリットは、周りからいろいろ言われてしまうことがある点や、ご自身が葬儀後に悔やむケースがある点です。
さらに菩提寺がある場合は、後でトラブルになることもあるので、事前にしっかりお寺さんにお伺いをたてておいた方がいいでしょう。
もちろん参列者が少なくなるということは、香典収入が期待できないことになりますので、これらのことを十分に理解した上で、火葬式を執り行うことを決定してください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク